起業家に優しい日本政策金融公庫とは?  審査やメリットデメリットを徹底解剖!

     

日本政策金融公庫とは


昨今、企業ブームを迎えており、多くの起業家が起業に向けて動き出しており、新しいサービスや商品がどんどんと生まれ始めています。


しかし、起業を行うには当たり前ですが、資金が必要となります。開発したり、会社を運営していくには莫大な資金が必要となり、資金がない起業家たちはどこかの機関からお金を借りてくることになります。


そんな起業家を助ける役目となっている政府系金融機関が日本政策金融公庫です。日本政策金融公庫は2008年に四つの政府系金融機関が統合して発足した機関となっており、資本金の全額を政府が出資している期間となっています。


政府系金融機関ということもあり、国民からの信用性も高いものとなっています。この信用性の高さを維持していくためにも、国民には必要とされることが重要です。そのため、日本政策金融公庫の存在をアピールしていく必要があります。


日本政策金融公庫は民間の銀行から資金調達を受けにくい中小企業やこれから起業する人に積極的に融資を行っています。創業資金に関して融資を受けたいのであれば、日本政策金融公庫で融資を受けるのがベストと言えるでしょう。比較的起業家向けの金融機関と言えるでしょう。


しかし、その一方で政府の機関なので、返済してもらえないような取引先には一切融資しません。これは返済できないという案件が出てしまうと、融資額を取り戻すのが大変になってしまうのを理解しているので、審査も厳しくしています。そのため、しっかりと準備した上で、審査を迎える必要があります。


関連記事:【最新2019】日本政策金融公庫で借入!融資を受けるメリット・デメリット総まとめ

日本政策金融公庫の審査をパスするには

それでは日本政策金融公庫の審査をパスするにはどうしたらよいでしょうか。


まずは、小口融資を受けていくようにしましょう。個人事業主や中小企業の経営者の方は小口の融資から受けることで借入の実績を作ることができます。一度実績を作っておき、その融資を返済してから新しい融資を受けることで信頼が厚くなります。


こうすることで、次に受ける融資はスムーズに終わることが多いです。最初の融資に関しては審査が厳重に行われるため、500万円を希望しても200万円しか融資を受けられなかったということもあります。


そのため、何段階か踏んで日本政策金融公庫とやり取りを繰り返したほうが大きな金額の

融資を受けられる可能性が高くなります。


次に、審査担当者と良い関係を築くようにしましょう。日本政策金融公庫の審査は面談も行われます。融資が確定するまでは面談担当者と何回もやり取りを行うことになるでしょう。面談担当者とは良い関係を築いていく必要があります。


面談では、「取引先の名前や資金使途」など、事業における詳細な点まで聞かれることが多いです。こういったことを答えることも必要なので、答えられるようにしておきましょう。最初の面談で不明な点などは後から連絡を入れても大丈夫です。


大事なのは、その審査担当者にとってわかりやすいように伝えてあげることです。審査担当者があなたと面談したあと、上層部にその面談情報を伝えなくてはいけません。この報告をいかに説明しやすくしてあげるかが大切です。


いかに審査担当者が上層部に伝える際に、正確に情報を伝えられるのかという点にフォーカスして情報をたくさん伝えてあげましょう。資料なども自作して持って行っても大乗なので、審査担当者の分の資料を作ってあげましょう。


事業のセールスポイントや自分にとって不利なポイントなどもあると思います。そういったことも包み隠さず話したほうが審査はスムーズに進んでいくことでしょう。


最後に審査を受ける自分という「人」を見てもらえるようにしましょう。確かにこれから受けるのは事業に関する融資です。そのため、経営者としての自分を見てもらえるようにするのも必要ですが、それ以前にあなたの人となりを見ていることが多いです。


どれだけ自信をもって話しているか、自分のビジネスにどれだけワクワクしているかなども審査の時には見ていますので、自分に自信をもって面談に望むようにしましょう。あなたの面談の時の態度がきっと審査を良い方向に導いてくれるはずです。


関連記事:【最新2019】日本政策金融公庫の融資審査を100%通す7のコツ!あなた1000万円借入できる!


日本政策金融公庫のメリットデメリット

それでは日本政策金融公庫を利用するうえでメリットやデメリットはあるのでしょうか。


メリットはほかの金融機関よりも圧倒的に低金利だということです。貸付条件の良さからも起業家たちに気に入られており、低金利が売りの融資と言っても過言ではないでしょう。


特に300万円以下の小口融資を希望している人にとっては、金利が高いことは大きな負担となります。こういった負担をできるだけ減らすためにも日本政策金融公庫は存在しています。もし、小口融資であるのであれば、日本政策金融公庫から融資を受けるようにしましょう。


対して、デメリットは審査にどうしても日数がかかってしまうことです。日本政策金融公庫の審査は一般の金融機関に比べて長期間かかってしまいます。


一般の金融機関だと1週間程度で審査が終わってしまいますが、日本政策金融公庫は約1ヶ月程度かかります。日本政府の機関でもあるため、この程度の時間がかかってしまいます。


預金などの状態も把握しなければいけない審査においては、政府よりも一般企業の方が把握するのが早いです。政府が預金を知るためにはあなたの預金バンクに連絡して一から確認しなければいけません。こういった手間がかかってしまうため、日数がかかってしまうのです。


もし、日本政策金融公庫に申し込むのであれば、時間に余裕を持って審査に臨むようにしましょう。


日本政策金融公庫を上手く活用しよう

日本政策金融公庫は起業家にとってはとても優しい金融機関となっています。おそらく日本の金融機関で言うならば、最も起業家にとって便利な金融機関でしょう。


そのため、日本の起業家で日本政策金融公庫を利用したという人も多いでしょう。利用の仕方によっては強い味方になってくれることは間違いありません。


しかし、あくまで融資であることは間違いないため、しっかり計画を立てて利用する必要があります。返済なども計画的に行えるようであれば、日本政策金融公庫の利用をけんとうしてみても良いでしょう。



関連記事


【最新2019】銀行融資の審査を通す11のコツ!あなたも絶対1000万借入できるノウハウを元銀行員が教えます


【最新2019】ビジネスローン33選!法人・個人も即日で借りれる事業者ローンまとめ


【最新2019】個人投資家ブログ33選まとめ!国内の人気投資家ランキング